2. オールセラミッククラウン(ジルコニア冠)

歯を全周削ってかぶせる治療法です。保険が適用されない素材を使用して作成されます。つや感、光の反射具合、かみ合わせの感覚など、元々の自分の歯(天然歯)に近い状態にできるものがオールセラミックです。

オールセラミックには、ジルコニアという材料が使われます。

ジルコニアは、金属や従来のセラミック素材に比べ、強く、丈夫です。噛み合わせたときに最も力のかかる奥歯の被せ物に使うこともでき、インプラントの被せ物や歯がない部分を補う治療であるブリッジにも対応可能です。つまり、幅広い治療に用いることのできる万能材料です。

歯にとって、口の中は厳しい環境です。熱いお茶やスープに味噌汁など、強い酸性やアルカリ性の飲食物の刺激に常に晒され続けています。そのため、従来のセラミックの中には、経年変化で色が変わってしまうものもありました。一方、ジルコニアの色は長期間変わりません。

ジルコニア治療の費用は、保険適用になっていないため、医院によって扱っている治療の種類や料金が異なります。

メリット

  1. 金属以上の強度があります。
  2. 奥歯、インプラントの被せ物、ブリッジにも対応可能です。
  3. 白く透明感がある(細かい色調にも対応可能)
  4. 長期間色が変わりません
  5. 金属アレルギーを起こしません。

デメリット

  1. 保険が適用されません。
  2. 保険適用の治療費と比較して高くなる。

治療の流れとしては、レントゲンを撮影し、歯の状態を確認、根や歯茎の治療、型取り、オールセラミッククラウン装着となります。歯の状態に応じて、3−10回程度の治療が必要になります。


オールセラミック冠の治療ができる
歯医者さんを探す 

本記事の内容は、あくまでも参考ですので、自己診断はお避けください。治療の方針は歯医者さんと直接ご相談ください。

関連記事

  1. 5. クリーニング

  2. 6. インレー

  3. 3. ラミネートべニア

  4. 1. ホワイトクラウン(CAD/CAM冠)

  5. 4. ホワイトニング