ママになったら^^

こんにちは、歯科衛生の木村です。

先日、妊娠7ヶ月の女性が歯科検診をしてほしいと来院されました。

カルテを確認すると6年ぶり!

その間、他の歯医者さんへ行ったかをお聞きすると

「どこへも行っていなくて久しぶりなんです…」と。

「実は、ママの口の中のことが、子供に影響があるって聞いて

心配になって来ました」と。

お口の中を拝見すると、治療が必要な歯はなく、セルフケアも大きな問題はなさそうです。

ただ久しぶりなこともあり、歯周ポケットのまわりや

歯と歯の間の細かい部分には 磨き残しや小さな歯石が点在しています。

そのことをお伝えすると、

「定期的にメンテナンスに下さいと言われていたのに、今更すみません…。」と

とても恐縮している様子でした。

女性は、母親になることをきっかけに きっといろいろな価値観が

変わると思います。私もそうでした^^

自分のためより、子供のためにできることしてあげたいと思うのは当然です。

「今更なんてとんでもないですよ!実は、お母さんのお口の中の環境が

お子さんの虫歯や歯周病のリスクに関係していることは確かです。

お子さんにふれあう機会が一番多い お母さんから虫歯菌が感染する確立が高いため、

《虫歯の治療をしておくこと》、《ホームケアをしっかり行うこと》、さらに

《プロケアを受けて環境を整えておくこと》 が有効ですよ。

あとは、もしも歯周病があれば その炎症が血管を通っておなかのお子さんに

影響があることも言われているので、歯周病の治療を行っておくことも大切です。

虫歯は大丈夫なので、クリーニングを受けていただき

よりよいお口の中にしておきましょう~。」とお伝えしました。

すると、「来てよかったです!!」と笑顔を見せてくれました^^

普段、検診だけではなかなか歯科医院に行きずらい方も

妊娠をきっかけに ぜひ 問題ないかのチェックとクリーニングを受けて下さいね。

治療がなければ、つわりがない場合、クリーニングはいつでも可能ですよ。

虫歯や歯周病の治療が必要なら、安定期の6か月~7ヶ月をおすすめします。

関連記事

  1. 歯磨きの歴史

  2. 定期検診はいつ頃行く?

  3. 前歯と奥歯 どっちを磨く?

  4. 保険治療で白いかぶせ物にできる歯が増えました♪

  5. 昔の人と現代人、顎や歯並びって変わってきてるの?

  6. 舌も磨こう♪