何もなくても歯医者へ行こう2

中部地方の被災に遭われていらっしゃる方々へ
1日でも早く状況がよくなることを祈っております。

こんにちは、歯科衛生士の木村です。毎日熱い日が続いていますね。
今回は何も気になることがなくても歯医者へ行くときのポイントについてお話しますね。

患者さんから、「メンテナンスに通うのには、どの歯医者さんに行ったらいいですか?」と聞かれたことがあります。

正直、何もないのに予約の電話をするのは気が引けますよね。
メンテナンスの目的は「自分のお口の中のことを知る」ためです。
今から行く歯科医院がお口の中のいろいろなこと教えてくれる医院なのか!を見極めましょう。

一口に歯科医院と言っても、コンビニの数より多いと言われているくらい沢山の医院があります。
得意な治療の種類や目的などそれぞれです。

ホームページを見てみると、医院が
・どんな診療項目や内容で行っているか?
・どんな診療方針を掲げているか?
                            
                     がわかりますよね。

<定期検診> や <メンテナンス> <予防> などのキーワードがポイントです。
検診=クリーニングとは少し違うので、
できればお口の診査と説明をしっかりしてくれる医院を選ぶことをお勧めします。

1番は、定期メンテナンスに通っている友達や知り合いに紹介してもらうことが確実ですね!
あとは、同じ医院内でも担当してくれる歯科衛生士や歯科医によっても
説明方法やクリーニングのやり方が微妙に違うことがあるので、
恥ずかしがらずにご指名することもお勧めですよ。

関連記事

  1. プラークコントロールって何?

  2. 昔の人と現代人、顎や歯並びって変わってきてるの?

  3. 定期検診はいつ頃行く?

  4. 歯と口の健康週間(6月4日から10日)ですよ!!!

  5. 2020 歯と口の健康週間

  6. 「くいしばり」要注意!