歯が痛い!!虫歯じゃない可能性がある?

歯が痛い。
とても辛く、早くなんとかしたい!!治して!!と思いますね。
しかし、その原因は虫歯だけではなく、他の恐ろしい病の可能性もあります。
今回は歯科医院における治療法と、虫歯以外が原因で起きる歯痛についてご紹介します。
ひとことで『歯が痛い』と言っても、いろんな症状があります。
①冷たいもの、温かいものなどが歯にしみる。
②噛むと痛い。
③歯がズキズキと疼く。
④歯茎が腫れて痛い。
⑤歯茎が出血する。
⑥甘いものが沁みる。
症状別治療法
【虫歯】

虫歯は、歯の表面についたプラーク(歯垢)に、ミュータンス菌(虫歯をつくる菌)が棲みつき酸を出し、エナメル質や象牙質を溶かして穴を明ける疾患のことです。C1からC4の進行過程で表現されます。

治療法

虫歯になりかけの場合は、削らず、フッ素を塗って歯の再石灰化を促進させることで、自然治癒を促します。
C1からC2の場合はインレーと呼ばれる詰め物をします。
インレーの材質は、金属からコンポジットレジンと呼ばれるプラスチック、さらにセラミック素材など幅広くあります。
C3まで進行した場合は虫歯になった部分を除去したあと、針のような器具で歯髄(歯の神経が通っていることろ)の中をきれいにし、歯髄の中に薬剤を入れ、消毒し、被せ物をします。(保険自費があります)
C4にまで進行すると、歯髄も死んだ状態です。痛みを感じませんが、もちろん虫歯が治ったわけではありません。ここまで進行すると、歯が少しでも残っていてくれれば被せ物を使用できる可能性もありますが、残っていなければ抜歯となり、「インプラント」や「ブリッジ」「入れ歯」などになります。

【歯周病】

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことで、歯槽膿漏という呼び名で知られているかもしれません。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届いていないと、そこに細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の周りが「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(ほとんどの場合、痛みはありません)

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラと動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなります。

治療法

  • プラーク(歯垢)の除去
  • 目で見える歯茎より上や目では見えない根っこの部分の部分に付着している歯石除去
  • 外科的処置
  • 噛み合わせの調整
  • 動く歯の固定
  • 歯茎の中への抗生剤投与

このような治療を行います。
また、現在では歯周病は予防でき治療も可能になっています。

大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。
以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となっています。
歯周病の原因は歯垢ですから、ためない、増やさないことが基本となります。

  1. 正しい歯ブラシの方法で毎日実行する。歯の表面を清潔な状態に保つ。
  2. 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除く。根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去する。
  3. 傷んだ歯肉、骨を治療し、健康に近い歯肉にする。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なメインテナンスを定期的に受ける。

上記を心掛けましょう。

【咬合性外傷】

歯並びなどの影響により、噛み合わせが強く当たっているところに痛みがでること。

治療法

強く当たる部分を確認、歯科医師による噛み合わせの調整、またはマウスピース矯正などを行います。

 

 

虫歯じゃないのに歯が痛い!何か病気と関連あったりするの?

 

実は虫歯ではなくても歯が痛むことがあります。

それは、以下の疾患の症状かもしれません。

 

【筋・筋膜性歯痛】歯痛の原因になる疾患として最も多く認められます。特に頭部筋・筋膜痛症患者に原因不明の歯痛がみられます。上下の歯を持続的に接触させる癖による筋の緊張で起きている場合もあります。

【神経障害性歯痛】三叉神経痛や顔面部の帯状疱疹、歯科治療による神経損傷に起因して痛みを感じます。

【神経血管性歯痛】片頭痛、群発性頭痛などで痛みを感じる場合があります。

【上顎洞性歯痛】上顎洞の炎症や、手術後の上顎内圧の上昇・関連痛により生じることがあります。

【心臓性歯痛】狭心症などの虚血性心疾患や動脈解離、心膜炎、肺癌などの胸部疾患により生じることがあります。

【精神疾患・心理社会的要因による歯痛】身体表現性障害、統合失調症、大うつ病性障害などで痛みを感じる場合があります。

【突発性歯痛】原因には諸説ありますが、中枢神経系の痛みを処理する過程に何らかの異常があるのではないかという説が有力のようです。

 

その他、口腔領域への癌の転移や白血病、糖尿病でも歯の痛みを感じることがあります。

 

歯医者さんは怖いという意見を私も友人からよく聞きます。

子供だけではなく、大人も怖いと感じてしまう歯医者さんですが、様々な原因による痛みを感じることがあるので、『歯が痛いな』と感じたときはもちろん、違和感を感じたときや何もないときでも、定期的なメンテナンスを行う意味でかかりつけの歯医者さんを見つけておくほうが良さそうです。

 

私もこれからきちんと歯医者さんに行こうと思います。

 

 

 

ライター:やましたみき

関連記事

  1. 何もなくても歯医者に行こう!

  2. 下の前歯の裏から磨こう!

  3. 口臭だいじょうぶ?

  4. 定期検診はいつ頃行く?

  5. 白い歯っていいね!2

  6. 歯周ポケット検査って知ってる?